スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ラジオは知っていた。
ずっとFM放送の研究をやってきて、1960年代の黎明期FM放送の歴史に
ついて論文なぞも書いている私ですが、実はいまのラジオ番組はほとんど
聴いていなかったりします。

いま住んでいる部屋の電波状況があまりよろしくないから、というのもあるし、
ポータブルオーディオがmp3になってしまったというのも大きな要因なのですが
(カセットウォークマンの頃は必ずラジオ付きのやつを買って、よく歩きながら
FMを聴いていたのでした)、少なくとも地元に住んでいたときに較べると、
ラジオを聴取することのモチベーションが年々低下しているのは明らかです。

なので、周りにいる人にJ-WAVEの話題などで盛り上がられると、
自分にはもう何のこっちゃまったく分かりません。


でも、これってある意味当たり前の話で、自分だってたぶん同世代の福岡出身の
人とであれば、JK=北野順一(福岡のローカルFM局・CROSS FMの人気DJ)の
話で何時間でも盛り上がれる…はずです。

何せ自分の高校時代なんて、諸岡夕子姉さんの舌っ足らずな曲紹介で目覚め、
トギーの「上からどうぞ」にムラムラしながら学校に向かい、永松ケンシ兄さんの
「ブラボーコォーール」を聴きながら家に帰り、夕飯の後は自分の部屋でJKの
「ダ・ブ・ル・ブッキング」を聴いて、小野田英一おじさまの「あなたと、わたしの、
夢の旅…」を聴きながら寝る、そんな生活だった訳で(笑)。

ね、これを読んでる多くの人には「何のこっちゃまったく分からん」でしょ。
でも自分にとってFMといえばだいたいCROSS FMのことだったし、
当時、福岡の若者の多くが、JKや村仲ともみや華丸大吉やおたこプーや
中島浩二を、本当の友だちのように慕っていたのも、また事実。


何が言いたいかというと、現在のようにコミュニティFMが一般的になる
遥か以前から、FM放送とかローカル局の深夜番組って「地域住民の
ためのコミュニティ・メディア」だったんじゃないかと思うのです。
そして多くの場合、これらのメディアを通して結びついていたのは、
地域住民の中でも「若者」だったんじゃないかと。

FM放送のDJって、悩み多き青春時代に、恋愛やら何やらいろんな
相談に乗ってくれるお兄さん/お姉さん的存在な訳ですが、それは同時に
リスナーが「同じ地域に住む、同じ世代の若者と悩みを共有する」ことでも
ある訳で。だからこそ、こうしたラジオ番組を通したリスナー同士の
結びつきは強い。(そしてだからこそ、その連帯の外にいる人にとっては、
結びつき方自体が「何のこっちゃ分からない」。)


ちなみに私が福岡を離れて少し経ってから、JKはTOKYO FMの夕方の
番組を持つことになります。私は忘れもしない筑波大学構内のカレー屋で
その放送を聴いて、思わず自分の耳を疑ってしまった訳ですが(笑)、でも
やっぱり、最後までその番組の常連リスナーにはなれませんでした。

自分にとってJKとは福岡の同世代の若者を結びつける紐帯だった訳で、
関東圏のリスナーに向けてメッセージを読むJKの声をつくばで聴くこと、に
対する違和感を、結局拭うことは出来なかったのです。


大人になった自分にとって、FMはどうしようもなくノスタルジーを媒介する
(=だからこそ「福岡」の「若者」と結びついている必要がある)メディアな
訳ですが、でもそれってきっと、自分だけのことじゃないんだと思う。

多くの人々にとってラジオ、特にFMは「青春時代の象徴」なんだろうし、
逆に歳を重ねるほどにFMから足を洗わざるを得なくなるのも、そこに
「非・若者を排除する論理」/「青春時代を喚起させる=年輩者の
日常的なコミットを許さない」論理が働いている以上、当然なのかも
しれません。

(逆に、「ジェットストリィィィム」の響きなどは、むしろ積極的に「FMから
足を洗った世代」へのコミットを維持させつつ、「古き良き時代」に対する
ノスタルジーを喚起させる役割を担っているように思います。)

映画「セカチュー」が、「青春時代の純愛」をノスタルジックに喚起させる
ための小道具としてラジオを使ったのは、やっぱり理由のないことでは
なかったと思うし、徳永英明が「遠ざかる故郷の空」を想い、「本当の幸せ
教えてよ」と問いかけたのが「壊れかけのRadio」であったのも、おそらく
必然だったんじゃないやろか…と。


いまこの歳になって、自分のラジオ遍歴を振り返ったとき、
改めてこの曲の深さを思い知らされたような気がします。

抗いがたい郷愁(!)

それは、「僕の身体が昔より、大人になったからなの」でしょうか。


(music: 壊れかけのRadio /徳永英明)

スポンサーサイト
2008/02/25 | diary | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。