FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
「僕の立場を考えてくれ。」
さて、前回のエントリーで言いたかったこととは、
「死刑制度の功罪について、その『罪』を論理的に説明する
のは比較的容易だが、死刑制度の『功』を、その『罪』より
説得的に説明するのは、極めて難しい」ということでした。

それを踏まえた上で、実は本当に言いたかったのはここから先。
すなわち、光市の母子殺害事件裁判における弁護士の対応と、
彼らに対する圧倒的な非難について。


まず断っておかなければならないのは、自分も、あの弁護士団のやり方には
非常に怒りを覚えています。ただその怒り方が少し違ってて、自分が腹立つ
のは、「いまのやり方じゃ被告の死刑は回避できない」と思うからです。

「あんな血も涙もないような奴は死刑になって当然であって、あんな
クソ野郎を訳の分からん理屈で弁護するなんて言語道断!」と思う
からでは決してありません。


この一連の騒動、よーく考えれば当たり前の話(…のはず)なのですが、
なぜか一番大事なことが置き去りにされてるような気がしてなりません。


私情を抜きにして、よーく考えてくださいね。


自分の依頼人の死刑に賛成する弁護士がいたら、
そっちの方が問題じゃないですか?



人権派イデオロギーとか、いろいろな問題が内包されてるのはもちろん
よく分かってる。でも、あくまで弁護士の仕事は「依頼人の刑を軽くする
こと」なんであって、別に「真実を明らかにすること」は、彼(女)らの
仕事じゃない。それは検察官や裁判官の仕事です。

(あなたが何かの理由で逮捕されたとして「死刑制度に賛成する弁護士」に
自分の弁護をしてもらいたいと思いますか?被告の主張の論理性よりも、
被害者感情を優先する弁護士に。)


逆の立場で考えてみましょうか。もしも仮に、あの被告が本当に
「血も涙も無い、全く反省もしていないクソ野郎」だったとします
(あくまで仮の話ですよ)。

そうだとしても、被告が自分の死刑を求めていない以上、その弁護士が
勝手に自分の信念で依頼人に対する死刑を要求したとしたら、そんな
弁護士はプロとして失格ですよね。むしろその弁護士にこそ懲戒請求は
出されるべきです。


どんな極悪人であろうとも、被告には弁護士を頼む権利があります。そして
その依頼を受けた以上、弁護士には全力で「被告の死刑を回避する義務」
が生じるはず。

だから「そんな稚拙なやり方じゃ死刑は回避できない」という批判は
まっとうだと思うけど、「なぜそんな奴を弁護するのか」という非難は、
「それが仕事だから」としか答えようのない愚問でしかない。


橋本弁護士の呼びかけに応じて、弁護士団には多くの懲戒請求が寄せられ、
逆に弁護士団は業務妨害として橋本氏を訴えるという行動に出ましたが、
自分は弁護士団が怒るのももっともだと思う。


光市事件の弁護士団による、橋本氏に対する訴状を見てみると、
中にこんな一文がありました。

 そしてなにより、弁護士である被告(=橋本氏)は、
 自らを弁護する能力の欠けた被告人に代わり、その利益を
 最大限主張することが刑事弁護人の職責であり、また、
 それゆえに、被告人とともに弁護人までが被害者・遺族の
 怨嗟の対象になり、公憤に駆られた世論の激しい非難に
 晒される場合もある
ことを、当然に理解しているはずである。

 そのような理解がありながら、原告(=弁護団)らの弁護活動に
 ついて十分な調査・検討を尽くさずに、本件被告発言
 (=橋本氏のテレビでの呼びかけ)に及んだものである。

 これらの事情を総合すると、被告の行為は
 極めて悪質であり、その責任は重大である。

 (カッコ内は茶有による注)


私には、この太字にした部分が、弁護士という仕事の難しさを物語って
いるように思えて仕方ありません。そしてこの「刑事弁護人の職責」が
本質的に抱えている困難について考えてみることもせずに、一方的に
彼らが非難されているのが現状なんだとしたら、それはやっぱり
業務妨害以外の何物でもないと思う。


こういう事件って、よく「被害者の心情を考えると…」という台詞が
黄門様の印籠のごとく使われるけれど、もしも「被害者の立場に立って」
物事を考えるのみで、それ以外の立場については「想像することすら
許されない」というのであれば、それこそ想像力がなさ過ぎる。

メディアリテラシーなんていうと難しく聞こえてしまうけれど、
実際は簡単なことで、要は「相手の立場に立って考える」という
ことなんだと思うのです。
(もちろん被害者だけでなく、加害者,弁護士,検事,そして
それを伝えるマスコミetc…すべての人達の立場に立つのですよ。)

「相手の立場に立って考えましょうね」って、小学校の先生みたいだけど、
実はいま大人が一番忘れていることって、このことなんじゃないやろか。


ちなみに、私は裁判員制度には反対しています。
現在の制度だと、「庶民の観点」が一番必要なはずの
行政裁判には参加できないから。


(music: 口ぐせ/ クリスタルキング)

スポンサーサイト
2007/10/19 | social | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。