スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
ぼくらのげんじゅうしょは、ひとご都なのです。
■書きたいネタはいっぱいあるのですが、ネタって寝かせれば寝かせるほど
 言いたいことが増えていくので、結局長文を書くのがおっくうになって、
 最終的にはどうでもよくなる、という悪循環なんですよね。

 見つけたとき思いついたときに、サクっと短く書くのが、
 読む方にも、書く方にも幸せなことなんだと思う。たぶん。

 という訳で、ふと見つけたネタについてサクッと語ってみる。


 残虐?サファリパークが困惑―黒龍江省ハルビン市

 (Record China - 05月29日 17:11)

 2007年5月28日、レコードチャイナで何度もお伝えしている黒龍江省
 ハルビン市の東北虎林園だが、現在そのアトラクションとしての
 餌のやり方をめぐって議論が起こっている。

 問題のアトラクションは、トラを放し飼いにしている園内をサファリバスで観覧。
 入場者がトラの餌代を払うと、生きた動物を放し、トラがハンティングする場面を
 見せるのを一番の売りものとしている。

 東北虎林園には、現在700匹を超えるアムールトラがおり、世界最大のアムール
 トラの繁殖基地として知られている。面積1.47平方キロメートルの園内では、
 窓に鉄柵の付いたバスに乗って放し飼いのアムールトラを見ることができる。
 ここでは普通の動物園のトラと違った、自然に近い状態のトラの観察が可能だ。

 ところが、生きたままの牛やヤギを餌として与えることは残虐だとした
 イギリス人の訴えで波紋が広がり、日本でも批判の声が起こっている。
 その一方、子供にこのような自然のありのままの姿を見せるのは、
 動物も人間も弱肉強食の世界だという現実を教えるものだとして、
 肯定する声もある。

 レコードチャイナが東北虎林園に電話取材をしたところ、現在日本からの
 取材が殺到しており、困惑しているとの答えが返ってきた。世界の高まる
 批判にどう答えるのか。北京オリンピックを控えている中国としては、
 穏便にすませたい問題だろう。

 ちなみに生きた動物の餌代は次の通り。
 ハト…640円、アヒル…1700円、キジ…1700円、羊…9700円、牛…25000円。
  


 >生きたままの牛やヤギを餌として与えることは残虐だとしたイギリス人

 は、死んだ牛やヤギを与えるのならいいと思っているのだろうか。
 だとしたら、その牛やヤギを「殺す」のは誰なのだろうか。
 その牛やヤギは「生きたまま」とは言わないのだろうか。


 一方で、こういう考え方も可能です。

 >子供にこのような自然のありのままの姿を見せるのは、動物も人間も
 >弱肉強食の世界だという現実を教えるものだとして、肯定

 している人は、「動物も人間も弱肉強食の世界だという現実を教える」
 やり方として、この方法が明らかに矛盾していることに気づいていない。

 まず、弱肉強食の世界におけるトラと人間の関係を考えた場合、

 1.人間=弱肉,トラ=強食
 2.トラ=弱肉,人間=強食

 という2種類のパターンが考えられる訳ですが…。

 1を「世界の現実」として教えたいのであれば、鉄柵つきの
 バスになんか乗せず、歩いて見学させるのが道理。

 2を「世界の現実」だと教えたいのであれば、むしろお金を払った人に
 その場でトラ肉バーベキューでもさせた方が、どう考えても学習効果は高い。
 (これこそ正真正銘の弱肉強食な焼肉定食/笑)


 以上、どちらの主張にも矛盾が見られるので、考えられる結論はただ一つです。
 すなわち、「『残虐』な捕食法を否定したら、人間を含めて全ての肉食動物は
 絶滅する。でも、それに対する反論として動物園が『自然のありのままの姿』を
 主張するのは、根本的に間違っている。」

 …まあ要するに、ここで動物園が主張すべきは、こういうコトだと思うのです。

 他人の商売にイチイチ文句つけんなや (#゚Д゚)ゴルァ!!

 おそらく反発も招くだろうけれど、結局のところ、
 一番説得力のある反論って、これなんじゃないやろか。



■肉の話ついでに、もう一つだけ気になって仕方ないこと。
 例の大阪の「ペッパーランチ店長暴行事件」の報道についてなのですが…

 ペッパーランチを「ステーキ店」と呼ぶのは
 ある意味詐欺やろ (#゚Д゚)ゴルァ!!


 …いや事件自体は本当に酷い話だと思うのですが、そんなときでも、
 どうしてもこういう報道の細かい部分に気が行ってしまうのって、
 私だけなんやろか。それとも職業病?


(music: あやか市の動物園 /はっぴいえんど)

スポンサーサイト
2007/05/31 | social | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。