スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
メルサがあるがねー。
一応、このブログはラーメンレポートをウリの一つにしているので、
前回まではラーメンのお話をメインにしてきた(つもりな)のですが、
今回はいろいろとオマケ話をば。

と言いつつ、8割方食べ物の話しかしていないのは、
そもそも旅行の8割が食べ歩きで占められているからです。
小食なのよ、これでも、一応、念のため(笑)。


<角川にて>

・まずは一発目。高山本線・角川駅(岐阜県)で見つけたこんな看板。

 DSCF2370.jpg

 どうがんばっても、トイレとは読めません(笑)。


<高山にて>

・レポしたように、高山では行く予定だったラーメン屋にことごとくフられた訳ですが、
 せっかく高山まで来たので、それならそれでラーメン以外のものも食べてみたい!
 と思い、食してみたのがこちら。

 DSCF2383.jpg

 ご存知のお方はご存知と思いますが、朴葉味噌です。
 朴葉の上に味噌(ネギを和えています)を載せ、炭火で炙ったもの。
 これをご飯にのっけて食べる、高山地方の郷土料理です。

 『美味しんぼ 第21巻』「第5話 挑戦精神」では、カメラマン・近城さんの心を
 動かすために、山岡さん、わざわざ高山まで味噌と朴葉を買いに行ってましたね。
 「食べ物の写真には感動がない」と興味を示さなかった近城さんも、
 (山岡はいきなり社内で火を起こしてこれを炙り始めてたが、誰か止めなかったのか?)
 この朴葉味噌に感動し、山岡さんたちの料理写真を撮るようになります。

 うーん、もちろん美味しかったんやけど、正直、そこまでするほどのものか…?
 その感動の薄さが、私の写真にも現れていると言われればそうかもしれませんが。
 (栗田さんは、「シャッターを押せばいい写真がとれるという題材ではない」と、
 朴葉味噌を評して言ってました。確かに、その通りですね…。)

・高山市内を歩いていると、あちこちに「飛騨牛串焼き」ののぼりが目に入ります。

 DSCF2372.jpg

 で、自分も食べてみた。これで350円。
 美味しいけど、これって本当に飛騨牛なんやろか?飛騨牛ってそんな値段で
 出せるもんなんやろか?普通のオージービーフ辺りのサイコロステーキ肉でも、
 串焼き屋台ってこのくらいの値段するような気がするけど…謎だ。


<名古屋にて>

・はじめは電停(市電の駅のことね)かと思ったのですが、よく見たら、バス停でした。

DSCF2401.jpg

 要するに、道の真ん中にバス停があって、客は横断歩道でそのバス停へ渡って
 バスに乗る、というシステム。左レーンは路駐が多いので、いっそ右レーンを
 バス専用にしてしまえ、という大胆な発想なんだと思うのですが、コレ、バスが
 左折したいときはどうするんやろか?

・尾張名古屋は城で持つ、らしいので、とりあえず名古屋城にも行ってみた。
 とはいえ、敷地内に入ると入場料を取られるので、外側から。

 DSCF2405.jpg

 で、これがその向かい側にある愛知県庁の建物(屋根部分に注目)。

 DSCF2402.jpg

 うーん、本当に名古屋の人は名古屋城が好きなんやなー。
 福岡の人も地元意識は強いけれど、こういう建築物信仰みたいなのは
 あまりないので、ちょっとうらやましい。

・今回、名古屋観光にあたっては、名古屋出身のマイミク・かんざしきのこ嬢に
 いろいろと情報を教えてもらったのですが(どうもありがとうございました!)、
 そんな地元民の「非・オススメスポット」がこちら、豊臣秀吉公生誕の地、
 中村公園です。

 DSCF2409.jpg

 うーん、さすが地元民が非・オススメというだけあって、地味。
 (でも「非・オススメ」とか言われたら、逆に行ってみたくなるのが人の常/笑)

・中村公園のベンチに座って、こちらはかんざしきのこ嬢「オススメ」のお菓子、
 「養老軒」のういろう(大島・黒糖味)を食す。

 DSCF2415.jpg

 公園の使い方としても、ういろうの食べ方としても、確実に間違ってる気が…(笑)。

・その他、ラーメン以外に名古屋で食べたものをどーんと大放出。

 DSCF2399.jpg

 栄「しら河」のひつまぶし。
 本当は有名店「あつた蓬莱軒」を勧められていたのですが、遠かったのと
 行列がひどいということで断念。でも、ここのも十分美味しかったですよ。
 福岡県民の茶有は、やっぱり「うなぎといえばせいろ蒸し!」な人間なのですが、
 そんな福岡ナショナリストな自分でも、名古屋のひつまぶしは旨いと思う。
 一回で三度美味しいこの食べ方を考え出した人は天才やね。うん。

 DSCF2418.jpg

 伏見「ボンドコーヒー」の小倉サンド。
 あんことバターが合うのは当たり前といっちゃ当たり前なので、美味しくない訳が
 ないんやけど、それでもなぜか名古屋にしかない、というのが不思議なメニュー。
 想像した通りの味でしたが、想像通りに、旨かったです。
 でもういろう食べた直後にこのメニューはちときつかった…。反省。

 DSCF2424.jpg

 名古屋駅前「パストランテ」のあんかけスパ(ミラカン)。
 これもいわゆる「名古屋めし」の一つですね。「ミラカン」が何の略なのかは
 いまひとつ分かりませんが、名古屋人には「あんかけスパといえばミラカン!」
 らしいので、素直にそれを注文してみました。
 感想は…Spa王にありそうな味だなーと。要するにジャンク(笑)。


<静岡にて>

・帰りに焼津で途中下車して食べた、「旬魚や 魚いち」の地魚丼。

 DSCF2428.jpg

 うーまーいー。これで1500円は安い!


こうやって改めて見ると、ホントに食べてばっかりですね…。
名所・旧跡・買い物その他にまったく興味のない自分としては、鉄道と温泉と食べ物を
旅の目的にせざるを得ないのです。というか、温泉や食べ物も目的に加えている時点で、
鉄道マニアとしては失格な訳ですが(そして別に失格でも全然構わない訳ですが/笑)。

(music: 名古屋はええよ!やっとかめ /つぼイノリオ)

スポンサーサイト
2007/04/04 | diary | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
はじめまして。

私の高速バス情報サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/calpediem48/archives/53524061.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
2007/04/04 04:24 | URL | 高速バス好き #- [編集] | page top↑
これはどうも、ご丁寧にありがとうございます。
18きっぷを使った鈍行列車での移動がメインで、
高速バスはほとんど使っていないのですが、
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。
2007/04/04 04:40 | URL | 茶有 #8M8yhyFg [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。