FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
消えていった、あの子の命に。
未来のある君たちへ

(…)いじめられてくるしんでいる君は、けっして一人ぼっちじゃないんだよ。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、
学校の先生、学校や近所の友達、だれにでもいいから、はずかしがらず、
一人でくるしまず、いじめられていることを話すゆうきをもとう。
話せば楽になるからね。きっとみんなが助けてくれる。

平成十八年十一月十七日
文部科学大臣 伊吹 文明



素晴らしい、見事なまでに当事者に絶望を与える正論だと思う。
このメッセージを見て自殺を思いとどまるような人間は、元々本気で
自殺を考えていないし、本気で自殺を考えている人間は、これを見たら
「やっぱり自分の状況を大人は理解していない」と、ますます孤独感を
強くするだけなんじゃないやろか。

もちろん「政治家もいじめ対策をやっている」というアリバイにはなるん
やろけど、そのアリバイ作りが誰も救わないばかりか当事者をますます
追い詰めるのであれば、こんなメッセージむしろ出さない方が百倍マシ。

本気で文部科学大臣が「未来のある君たち」に向けてメッセージを発したいので
あれば、週末深夜のJOYPACK(つくば市内のヤンキーの溜まり場)にでも行って、
夜回りしてみればいい。そして、ヤンキーたちにボコボコにされたその顔で、
「自分もこんなにがんばってます!」と訴えかけてみればいい。誰にでも言える
(が故に当事者に絶望しか与えない)メッセージを出すよりは、たぶん千倍マシ。

「いじめられている人間は、自分以外の人間が信じられなくなる」

教育行政のトップが、こんな基本的なことすら理解できてないということが
大々的に報道されてしまったことに、どれだけの子どもが絶望したことか。
人間が信じられなくなった子どもに対して「きっとみんなが助けてくれる」と
呼びかける大人を、その人間不信に陥った子どもはどんな気もちで見たことか。

(「食べてみたらきっとおいしいよ」という言葉のみでトマトが食べられる
ようになるならば、そもそもこの世にトマト嫌いなんて存在しない)

そのことに思い至る想像力がないのであれば、文部科学大臣なんて
いますぐ辞めたほうがいい。その方が一万倍子どものためだ。

(music: ひとりぼっちの意味 /鈴木彩子)

スポンサーサイト
2006/11/29 | social | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。