スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
酒は飲め飲め、飲むならば。
mixiの「お酒が飲めない」コミュニティで見つけた面白い話題。

デイリーポータルZ、9月4日の記事で、面白い実験をしていました。
すなわち、「周りが全員下戸で、酒が飲める人間は自分だけ」という、
普段の飲み会とはまったく逆の環境を作ってみたらどうなるか、というもの。

まあ結果は「酒が入っていようがいまいが、盛り上がる時は盛り上がる」という、
私たち飲めない人間にとっては至極当然のものになった訳ですが。
そのとき、「酒が入ってない人間」から「酒の入った人間」がどのように
見えているか、上戸の方々に気づいていただいたのは、大きな成果だと思う。

別にウチらは、酔っ払いを「冷ややかな目」で見てるわけではないのよ。
強制的に飲ませたりしなければ、皆さんが酔っ払っていく様子を
楽しく温かく見ているし、場の空気によっては自分も酔っ払ったかの
「ごとく」振る舞うことだってできるのです。その酔った「フリ」を
すること自体が、楽しくなってしまうことだってあるのです

「強制的に飲ませない」は絶対条件。そんなことされたら、せっかく
ウチらにとっても楽しい飲み会が、単なる苦行の場になってしまうので。
幸いなことに、自分の周りにはこんなことしてくる人はいないけど。

あと、ワインなど高い酒をガンガン頼んだりしたときには、すこーしだけで
いいので、会計のときに配慮をいただけると、ものすごく嬉しい。

ただ、これだけ配慮していただければ、飲めない人間は
飲めない人間なりに飲み会を楽しめるのです。

要は、ほんの少し相手の立場に立って考える、という当たり前な人間関係の常識を、
飲み会の場にも働かせればいい、というだけの話なのです。だから自分は、
飲めない奴が飲み会の盛り上がりをぶち壊す、と頭から決めてかかる上戸は嫌い。
(だったら誘わなきゃいいのに、そういう奴に限って「飲めない奴には飲ませろ!」
という発想しかできない)

でも、それと同じくらい、本当に飲み会の盛り上がりを冷ややかにぶち壊す下戸の
振る舞いも好きじゃない。もちろんそこまで空気が読めない下戸の人ってごく一部
だと思うし、もしいたとしても、その下戸の人って、飲み会でヒドいことをされた
過去の経験が尾を引いている可能性があるので、ゆっくり話を聞いてあげることが
必要だとは思うけど。

その上で、下戸の立場をこういう風に捉えていただけるのであれば、
下戸だって、楽しく飲み会に参加できると思うのですよ。


下戸チームは今までと同じペースで淡々と飲食を続けている。つくづく思った。
彼らの酔っ払いを見る目は、本当に優しい。頭が下がるほど、優しい。

今回の企画をやって一番に感じたことは「下戸の皆さんは飲み会で、どんどん
声や身振りが大きくなったり、同じ話を何度もしたり、ロレツが回らなくなる
酔っ払いの姿を、しっかり見ているんだなぁ」ということだった。

…おそろしい。これは本当におそろしいことですよ。

酒飲み同士ならば、同じテンションでどちらもバカになれるから恥ずかしくはない。
でも、下戸のみなさんは違う。とても冷静で、見たことや聞いたことの記憶を
なくすこともなく、そして割高な会計を払わされるのだ。

正直、やってられないと思う。それなのに、いつも飲み会ではニコニコと人の話を
聞き、流すべきところは流す。時には飲み過ぎた人の介抱に駆り出されることも
あるだろうし、よく知らないオヤジに「オレの酒が飲めないのか!」と理不尽に
絡まれることもあるだろう。

それでもこうして酒の席に出てきてくれる方というのは、本当に人間が出来て
いるのだなぁ、と思った。



ありがとうございます。そう言っていただければ、下戸としては本望です(笑)。

(music: 黒田節 /福岡県民謡)

スポンサーサイト
2006/09/17 | diary | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
どうも、DPZ愛好者のtantotです。

この「下戸飲み会」の記事、かなり背筋が凍る思いをしながら読んでました。。。何しろ「ロレツが回らなくなる酔っ払い」の典型なので。
確かに一度そういう立場を経験してみるのは、参考になるかもなぁ。苦しいだろうけど。

DPZの過去記事に「水飲み会」(酒の代わりに水を飲もうというアホな会」もあるので、もし未見ならお探しあれ。
2006/09/19 01:33 | URL | tantot #- [編集] | page top↑
>tantotさん
ご無沙汰しております。お仕事はいかがですか?

tantotさんは別に背筋を凍らせなくても大丈夫ですよ。
確かにロレツは回らなくなってますが(笑)、酔ったtantotさんの
へべれけぶりは、見てる人を和やかな気持ちにしますので。

「水飲み会」も確かにアホですよねー。
でもあの記事も、つまるところ「飲み会が楽しくなるか否かを
決めるのは、酒の有無ではない」ということを証明しているような気も
しないでもありませんが。
2006/09/19 04:43 | URL | 茶有 #8M8yhyFg [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。