FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
哀しみ本線、日本海。
来週からまた忙しくなることが決定したので、
今のうちに書けるモンは書いとこうと思います。

9月10日に大阪で開催された、マスコミ学会の研究会に参加してきました。
この週は少し遅めの夏休みウィークにしていたので、久しぶりに
青春18きっぷその他を使って、列車旅&観光を楽しみながら。

9月8日
上野 23:33発

本当は青春18きっぷで乗れる夜行快速「ムーンライト信州」で長野に出た後、
日本海を目指すつもりだったんだけど、何と満席でこの日は乗れず。
青春18きっぷが使える最後の週末ではあったんだけど、それにしても衝撃。

で、仕方ないので別料金を払って、金沢行の夜行急行「能登」に乗り込む。
大阪に行くのに、なぜ金沢行?ってツッコミは置いといて。
noto.jpg

「能登」は、現役で使われている最後のボンネット車両を使用。
うーん、昔懐かしいこのフェイス。「国鉄!!」って感じがしますね(笑)。

旧車両なので座席間隔もすごく狭いけど、自由席だったので、
前の座席を回転させて4席占領して横になって寝る。すると意外に快適。
(多客期には絶対にやめましょう)

そういえば、いかにも鉄オタ!な服装の男性(30代後半かなー)が、車内にいた
若い女性客に、請われてもないのに勝手に鉄道豆知識を披露してるのを目撃した。
『鉄子の旅』に出てくる筋金入りの鉄オタ・横見浩彦氏が、作品内で
「テツは(常に)女の人に話しかけるきっかけを待ってるんだよ」と言ってたけど、
「あーやっぱりいるんだー、こういう鉄オタ」って、妙に納得。

9月9日
糸魚川 4:45着/5:20発

このまま「能登」に乗っていってもいいんだけど、そうすると
金沢に着くのが早朝6:36。そんなに早く着いても仕方ないし、
別料金はかかるし…ってことで、ここで鈍行に乗り換え。

高岡 6:52着/6:55発

それでも金沢に着くのが早すぎるので、ここでちょいと寄り道。
海っぺたを走る、景色のよいことで有名な路線「氷見線」を一往復してみる。
himi.jpg

どーでもいいけど、海沿いのことを「海っぺた」って表現するのは、
茶有家の習慣?それとも福岡の方言?
こないだ東北出身の友人に言ったら笑われたよ。ちくしょー。

氷見 7:22着/7:30発

別に何をするともなく、終点まで行って、そのまま来た列車で引き返す。
乗り潰しにはよくある光景(笑)。

高岡 7:59着/8:04発

金沢 8:44着

この旅第一の目的地、金沢に到着。
着いてまず向かったのが、駅から徒歩約30分のところにある
回転寿司「ぽん太」。市場の真向かいにあるだけあって、ネタがいい。
sushi.jpg

そしてこの店、寿司も旨いけど、それ以上にとにかくアラ汁が旨い!
しかもセルフサービスで無料、お替り自由!!
思わず2回もお替りしてしまいました。朝から味噌汁をお替りなんて、
ホント何年ぶりやろ…。

お腹を満たした後は、前から一度行ってみたいと思ってた金沢21世紀美術館へ。
感想は…正直、期待はずれでした。展示されている作品は確かに21世紀のもの
なんだけど、展示の仕方が完全に19世紀。美術館という展示空間そのものが
「メディア」であるという、最近のミュージアム研究の知見を、
意識的にか無意識的にか、完全無視しているとしか思えない。

19世紀の作品だって見せ方を変えれば最新アートのように見えるはずだけど、
逆もまた然り。現代的な問題関心から生まれたおもしろいアート作品も、
従来型の見せ方をすれば「よく分からない昔ながらの『ゲージュツ』」になる。
悪い意味でそんなことに気づかされた「21世紀美術館」でした。

兼六園なんかも見て回ったんだけど、いかんせんこの日は33度を超える猛暑。
とても観光どころではなく、予定を繰り上げて列車に乗り込んでしまいました。
見たいところはまだまだあるので、雪が降った頃にまたゆっくり観光に来たい。

金沢 12:15発

芦原温泉 13:20着/(路線バス乗換)13:25発

東尋坊 13:55着

第二の目的地は、日本一の自殺と自白の名所、東尋坊。
tojin.jpg

いやー、高い。確かにこんな所に追い詰められたら、叫びたくもなるわー。
思わず「仕方なかったのよ…だから殺すしかなかったのよっっ!!」って。
誰を殺した訳でもないけど(笑)。

人を殺めてしまった人もいれば、これから死のうとする人もいるのが、たぶん、
東尋坊って場所な訳で。海っぺた(しつこい)を歩いてると、こんな立て札が。
tojin-fuda.jpg

(左:「粗末にするな 親からもらったその命」)
(右:「架けて下さい救いの電話 (81)2○○3 妙信寺」)

見つけたときは「あ、これネタになる!」って思わず携帯カメラを向けて
しまったけれど、よーく考えると、リアルすぎて笑えない…。合掌。


東尋坊 (路線バス)15:45発

芦原温泉 16:25着/(JR乗換)16:42発

福井 16:59着/17:26発

武生 17:46着

ここで遅い(遅すぎる!)昼食。
福井といえば…越前ガ二なんだけど、もちろんそんなモン食べる金があるなら
こんな貧乏鈍行列車旅なんてしてない訳で。おとなしく越前そばを食べました。
soba.jpg

美味しかったんだけど、大根おろしの味が強すぎて、そばの風味が
よく分からなかったのが残念。でも、地元料理感があふれてていいですね。

武生 18:38発

敦賀19:13着/19:32発

近江今津 20:09着/20:12発

京都 21:17着/21:27発

大阪 21:58着

で、最終目的地・大阪に着いて、夕食(笑)。
ずっと前から気になってた大阪のローカルうどん「かすうどん」を食す。
kasu.jpg

白く浮かんでるのは、天かすではなくて、牛のホルモンをサクサクになるまで
素揚げしたもの。不思議な食感で、食べてると、うどんスープ全体にいい感じに
牛の脂がにじみ出てでくる。天ぷらうどんとはまたちがったこってり感で、旨い。


この他にも、白菜ラーメンで有名な奈良・天理名物「彩華ラーメン」を食べたり、
久留米ラーメンの有名店「満州屋が一番」の支店をたまたま見つけて食べたり、
おいしいパンで有名な「ブランジェリー・タケウチ」でデニッシュを食したり。
やっぱり大阪はB級グルメの食べ歩きが面白い!大満足。


…で、結局、こんな大回りして大阪まで何しに行ったのかって?
いいんです、そんなコト。そこに列車があるから、乗るんです。テツは(笑)。

(ちなみに答えはこのニッキの3行目)


(music: 森昌子/ 哀しみ本線 日本海)


スポンサーサイト
2006/09/16 | diary | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。