スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
知らないことばで解き放してね。
最近しいくがかりにハマってて―――






















…と聞いたとき、「飼育係」という漢字が、普通すぐに出てくるものやろか?



いきなりこんなヘンなことを言い出したのは、つい最近まで、自分は
「いきものがかり」=「生き物係」という脳内変換がまったく出来なくて、
何となく漠然と「神憑り」みたいな、何かの憑き物がついた状態を指す
言葉として「いきものがかり(生物憑り)」ってのがあるものとばかり
思ってたからです。

元々自分はそんなにこのバンドに興味を持ってた訳でもなかったので、
名前の由来もそれ以上深く考えることはありませんでした (でも何となく
鬼塚ちひろっぽい感じを想像してた。何せ「生物憑り」やから/笑)



ところが年末のある日、スペースシャワーTVで“気まぐれロマンティック”を
たまたま聴いてみたら、その曲があまりにもポップで、驚いた。




どう考えても「生物憑り」が歌う曲じゃないと(笑)。

けど、それでも結局正しい脳内漢字変換は出来ず、wikipediaで調べて初めて、
「いきものがかり」=「生き物係」であることに気づいたのでした。



何でこんな簡単な漢字変換が出来なかったんだろう…と結構悩んだのですが、
よくよく考えてみたら、自分が通ってた小・中学校では、おそらくこの仕事を
「生き物係」とは呼ばずに「飼育係」と呼んでたのですね。

つまり、自分が最後まで「生き物係」への漢字変換が出来なかったのは、
そもそも「いきものがかり」という言葉の存在自体を知らなかったから
なのです。決して漢字能力が小学生以下だからって訳じゃないのです。
これだけは声を大にしていっておきたい(笑)。



それにしても今回の新曲“気まぐれロマンティック”は、(・∀・)イイ!曲だと思う。
特にエンディングのアレンジが、Pizzicato Fiveの“大都会交響楽”に
似すぎてるけど、まあいいぢゃないか。90年代リスペクトなんだよ、きっと(笑)。



(動画は名曲“大都会交響楽”。でもこの他にも、爆風スランプの“リゾ・ラバ”を
はじめ、各所で聴いたことのある80-90'sなフレーズが使われてるので、
「生物憑り」さんたちは、かなり意識的にやってるんだと思う。たぶん)



つい数日前までは、新年1発目のニッキで、自分が「いきものがかり」について
熱く語り始めるなんて、想像もしてませんでした。2009年、なかなか面白い年に
なりそうな予感がします。


それでは、今年もよろしく美味しんぼ!


(music: 気まぐれロマンティック /いきものがかり)

スポンサーサイト
2009/01/02 | diary | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。