FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
【ramen】 てんtoてん (沖縄・那覇)
沖縄で訪ねたお店は、那覇の中心部からバスで20分ほど行った
住宅街の中にあるお店「てんtoてん」。

沖縄はラーメン不毛地帯で、それがいままで沖縄行を引き延ばしていた
一つの理由でもあるのですが、実は沖縄は「沖縄そば」という麺料理が
有名で、しかも近年のラーメンブームの波に乗ってかなり盛り上がって
いるとのことで、気になる存在になっていたのでした。

DSCF3388.jpg


もはや自分のラーメン食べ歩きの指標になりつつあるマンガ
『ラーメン発見伝』でも、沖縄出身の登場人物・比嘉君をして
「こ、こんな沖縄そば、食ったことがない…」(17巻p153)と言わしめた
お店で、沖縄に行ったら絶対に訪ねようと思っていたお店でした。

注文はデフォルトメニューの「木灰すば」。
「木灰」とは、読んで字のごとく木を燃やした後に出る灰のこと。
その灰を水に漬けておくと出来る、アルカリ性の上澄み液を沖縄では
木灰水と呼び、ラーメンのかん水と同じく、これを使うことで麺に
コシを出すことができるんだとか(全部マンガの受け売り)。

DSCF3314.jpg


食べてみて、麺はもちもちしてるけれど、うどんとは違って、
プツンと歯切れがいい。この辺は佐野ラーメンに近いか。
でも、何より特徴的なのはそのスープ。カツオと豚をベースにした
Wスープらしいけれど、豚の味はあんまり強くなくて、カツオが
前面に出てる。そして味付けは薄口醤油(たぶん)。

カツオのダシに薄口醤油でスープを作れば、結局西日本のうどんスープに
近い味にならざるを得ない訳で、実際、地元のうどんスープにかなり近い。
自分にとっては、とても懐かしい味。スープ自体はすごく上品で、
「味が薄い」状態になるギリギリのラインを見極めている感じ。
あっさりとしていて、するすると入っていく。


ラーメンとは料理としての性質が全く違うので、単純に比較はできません。
なので今回は評価はナシで。でも、お店の雰囲気も落ち着いた感じの、
居心地のよいお店でした。近くに寄る機会もなかなかないとは思うけれど、
足を運ぶ価値はあるお店だと思います。

てんtoてん (沖縄・那覇) 評価無し
http://www.churashima.net/gourmet/soba_museum/okinawa/tentoten.html



その他に食べてきた沖縄そばのお店は次の2店。


大東そば パラダイス通り店 (那覇)

DSCF3332.jpg

沖縄の中心・国際通りのすぐ近くにあって便利。
麺が若干もそもそしていて、独特の食感になってるけど、ひょっとしたら
こっちの方が地元の人には馴染み深い「沖縄そば」なのかもしれない。


ブラジル食堂 (名護)

DSCF3335.jpg

地元の方に連れてきていただいたお店。
ブラジル料理ももちろんあるけれど、なぜか名物は沖縄そば。
こちらの麺の食感はつるつるしてる。スープは関西うどんに一番近い。
お店の看板が、ブラジル国旗が沖縄そば化したような、何ともいえない
ユニークなデザインで面白い(笑)。





…さて、覚えているのは自分だけだと思うのですが、以前四国ラーメン
食べ歩きのニッキ
を書いた際に、私はこんなコトを書いていました。

 高校生の頃から、いろんなところに電車で行ってはラーメンを食べまくる、
 という旅行を続けてきたので、今年4月の段階で、全国47都道府県のうち
 未訪問県はわずか4県になっていました。


この4県のうちの2県が四国(愛媛&高知)、そして1県は沖縄だったため、
その後の四国・沖縄行によって、未踏県(通過すらしたことのない、
本当に「行ったことのない県」)は、ついにあと一つになりました。


ではここで問題です(笑)。
47都道府県のうち、実に46の都道府県に行ったことのある茶有ですが、
生まれてこのかた、まだ一度も訪れたことのない県がひとつだけあります。
その都道府県とは、いったいどこでしょう?


答えはCMの後!!





思想地図 vol.1 (1) (NHKブックス 別巻)思想地図 vol.1 (1) (NHKブックス 別巻)
(2008/04)
不明

商品詳細を見る






はい、CM終了(笑)。



正解は、なんと、こちらの県でした!!



結局、普通は(修学旅行とかで)真っ先に行くやろー、というところが、
最後まで残った未踏県になりました。

私が在籍していた中学校も、奈良・京都への修学旅行が恒例になっては
いたのですが、私の代はあまりにも荒れていたため、ケンカ防止と文化財の
保護のために、自分の年だけ雪山に隔離(要するにスキー旅行に)されたの
でした。ウソのようなホントの話。

しかもこの県は、すぐ上(京都)を東海道線・新幹線が走っていて、どこかに
行くための通過路になっている訳でもない。神社・仏閣めぐりに全く興味が
無い(そもそも宗教法人が大嫌いな)私にとっては、確かにこの県が最後に
残ったのも道理なのでした。



さて、どのタイミングでこの県を訪問するかなー。
実はこの県には「天理ラーメン」という、ちょっと変わったローカル
ラーメンがあったりもするので、そのうち記念に食べに行きたいもんです。
(実は自分は神戸の支店で食べたことがあるんやけど…)


47都道府県を制覇したら、何か人生観が変わったりするんやろか。
いまからドキドキ。

スポンサーサイト
2008/09/22 | ramen | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
コメント
 歴7年の地元の方です。その節はありがとうございました。
 真正地元民のツレアイによれば、大東そばは沖縄島ではそれほど馴染み深くはないようです。なにしろ南大東島産ですからね。
 つぎに来沖の際は、わたくし一押しの「山原そば」を啜りに行きましょう。
2008/09/24 01:48 | URL | Ohata #- [編集] | page top↑
書き込み、ありがとうございます!
その節は、本当にお世話になりました。

おかげさまで、出会った人、聞いた話、見るもの、食べるもの、
全てが本当に印象的な、忘れられない沖縄行になりました。
(そのせいで帰京後、現実に戻ってくるのが大変でした…/笑)

なるほど、「大東そば」は、その名の通り(南)大東島のそば
なのですね。同じ沖縄そばといっても、奥が深い…。

今回は本島のごく一部しか回れなかったので、近いうちに、
また遊びに行きたいと思っています。
その際は、ぜひいろいろと教えてくださいませ!

まずはお礼まで。
2008/09/24 09:52 | URL | 茶有 #- [編集] | page top↑
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。