スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
「僕の立場を考えてくれ。」
さて、前回のエントリーで言いたかったこととは、
「死刑制度の功罪について、その『罪』を論理的に説明する
のは比較的容易だが、死刑制度の『功』を、その『罪』より
説得的に説明するのは、極めて難しい」ということでした。

それを踏まえた上で、実は本当に言いたかったのはここから先。
すなわち、光市の母子殺害事件裁判における弁護士の対応と、
彼らに対する圧倒的な非難について。


まず断っておかなければならないのは、自分も、あの弁護士団のやり方には
非常に怒りを覚えています。ただその怒り方が少し違ってて、自分が腹立つ
のは、「いまのやり方じゃ被告の死刑は回避できない」と思うからです。

「あんな血も涙もないような奴は死刑になって当然であって、あんな
クソ野郎を訳の分からん理屈で弁護するなんて言語道断!」と思う
からでは決してありません。


この一連の騒動、よーく考えれば当たり前の話(…のはず)なのですが、
なぜか一番大事なことが置き去りにされてるような気がしてなりません。


私情を抜きにして、よーく考えてくださいね。


自分の依頼人の死刑に賛成する弁護士がいたら、
そっちの方が問題じゃないですか?



人権派イデオロギーとか、いろいろな問題が内包されてるのはもちろん
よく分かってる。でも、あくまで弁護士の仕事は「依頼人の刑を軽くする
こと」なんであって、別に「真実を明らかにすること」は、彼(女)らの
仕事じゃない。それは検察官や裁判官の仕事です。

(あなたが何かの理由で逮捕されたとして「死刑制度に賛成する弁護士」に
自分の弁護をしてもらいたいと思いますか?被告の主張の論理性よりも、
被害者感情を優先する弁護士に。)


逆の立場で考えてみましょうか。もしも仮に、あの被告が本当に
「血も涙も無い、全く反省もしていないクソ野郎」だったとします
(あくまで仮の話ですよ)。

そうだとしても、被告が自分の死刑を求めていない以上、その弁護士が
勝手に自分の信念で依頼人に対する死刑を要求したとしたら、そんな
弁護士はプロとして失格ですよね。むしろその弁護士にこそ懲戒請求は
出されるべきです。


どんな極悪人であろうとも、被告には弁護士を頼む権利があります。そして
その依頼を受けた以上、弁護士には全力で「被告の死刑を回避する義務」
が生じるはず。

だから「そんな稚拙なやり方じゃ死刑は回避できない」という批判は
まっとうだと思うけど、「なぜそんな奴を弁護するのか」という非難は、
「それが仕事だから」としか答えようのない愚問でしかない。


橋本弁護士の呼びかけに応じて、弁護士団には多くの懲戒請求が寄せられ、
逆に弁護士団は業務妨害として橋本氏を訴えるという行動に出ましたが、
自分は弁護士団が怒るのももっともだと思う。


光市事件の弁護士団による、橋本氏に対する訴状を見てみると、
中にこんな一文がありました。

 そしてなにより、弁護士である被告(=橋本氏)は、
 自らを弁護する能力の欠けた被告人に代わり、その利益を
 最大限主張することが刑事弁護人の職責であり、また、
 それゆえに、被告人とともに弁護人までが被害者・遺族の
 怨嗟の対象になり、公憤に駆られた世論の激しい非難に
 晒される場合もある
ことを、当然に理解しているはずである。

 そのような理解がありながら、原告(=弁護団)らの弁護活動に
 ついて十分な調査・検討を尽くさずに、本件被告発言
 (=橋本氏のテレビでの呼びかけ)に及んだものである。

 これらの事情を総合すると、被告の行為は
 極めて悪質であり、その責任は重大である。

 (カッコ内は茶有による注)


私には、この太字にした部分が、弁護士という仕事の難しさを物語って
いるように思えて仕方ありません。そしてこの「刑事弁護人の職責」が
本質的に抱えている困難について考えてみることもせずに、一方的に
彼らが非難されているのが現状なんだとしたら、それはやっぱり
業務妨害以外の何物でもないと思う。


こういう事件って、よく「被害者の心情を考えると…」という台詞が
黄門様の印籠のごとく使われるけれど、もしも「被害者の立場に立って」
物事を考えるのみで、それ以外の立場については「想像することすら
許されない」というのであれば、それこそ想像力がなさ過ぎる。

メディアリテラシーなんていうと難しく聞こえてしまうけれど、
実際は簡単なことで、要は「相手の立場に立って考える」という
ことなんだと思うのです。
(もちろん被害者だけでなく、加害者,弁護士,検事,そして
それを伝えるマスコミetc…すべての人達の立場に立つのですよ。)

「相手の立場に立って考えましょうね」って、小学校の先生みたいだけど、
実はいま大人が一番忘れていることって、このことなんじゃないやろか。


ちなみに、私は裁判員制度には反対しています。
現在の制度だと、「庶民の観点」が一番必要なはずの
行政裁判には参加できないから。


(music: 口ぐせ/ クリスタルキング)

スポンサーサイト
2007/10/19 | social | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
人を殺しちゃいけないよ。
意外に思われるかもしれないけれど、昔からディベートが嫌いでした。

8月20日のニッキでも書いたように、自分はインテリ文化系男子高校生の
生きた見本のような嫌な奴だったので、当然学校のディべート大会などの時は
だいたい先頭に立たされる訳です。で、だいたい勝ってしまう訳です(笑)。

でも自分は、社会問題については「正誤」や「勝敗」なんて絶対に
決められるものではなくて、常に「その段階でその立場の人間にとっての
ベターな選択」があるだけだと思っていたので、少なくとも校内で行われた
ディベート競技では一度も負けたことがないにもかかわらず、最終的に
「勝ち負け」が決められてしまうこの競技が大嫌いだったのです。


で、何年生のときだったか忘れたけど、一度「死刑制度の是非」という
定番のテーマでディベートをやったことがありました。

自分はこのとき死刑賛成派に回って、そしてやはり勝ったのですが
(ディベート競技では、自分のチームがどちらの立場に回るか、自分たちでは
選べません)、このとき勝ったのはたまたま相手の論理が貧弱だっただけで、
もしも相手チームに自分と同等の口達者な人間がいたら、私は絶対に負けて
いたと思っています。

どれだけシミュレーションしても、少なくとも自分の頭の中では、
ディベートで「死刑制度賛成派」は「反対派」に絶対に勝てないのです。


ちなみに自分は、個人的には死刑制度は必要だと思っています。
ただこれは、(おそらく多くの人がそうであるように)凶悪犯に対する憤りを
感情として抑えることができないからであって、純粋に論理だけで考えれば、
自分の中ではやはり死刑制度は「あってはならない」ものにしかなりません。

人類の歴史上、誤審や冤罪が存在しなかった社会というものは存在
しない訳で、その発生率を限りなくゼロに近づけることはできても、
完全にゼロにすることは、それこそ論理的に不可能な訳です。

もちろんこの「冤罪の危険性」というのは死刑制度反対派の常套句なので、
賛成派もこれに対して様々な反論を試みている訳ですが、自分はこれまでに
論理的に反論できている賛成派の意見に、出会ったことがありません。


検索してみたら、同テーマで行われた「2000年ディベート甲子園」の
ある中学校の立論集を見つけたので、紹介しておきます。

試しに、この「全国大会」における死刑制度賛成側の立論に反論してみると…

 1.罪なく殺される人の増加

 →証拠資料に科学的論理性が全くない。
  特に2つ目の引用は説得力が皆無。4つ目の引用も根拠が不明確。

  また世論調査については、データの取り方が不適切。国民のほとんどは
  「自分が犯罪加害者になる可能性よりは、被害者になる可能性の方が高い」
  と考えているのだから、「死刑が無くなれば凶悪犯罪は増えるだろう」
  という、加害者に厳しい回答が多数になるのは当たり前。でも、別に
  犯罪者に対してアンケート調査した訳じゃないんだから、これで死刑に
  よる凶悪犯罪の抑止効果を証明したことにはならない。

  もし本当に抑止効果をアンケートによって確かめたいのであれば、
  たとえば傷害犯に対して「死刑制度がなかったら殺していたか?」と
  いった質問を立てなければならない。


 2.再犯による被害者の増加

 →「再犯によって被害者がさらに増える可能性があるため、犯罪者を
  刑務所から出してはならない」という論理を通すのであれば、罪の重さに
  関係なく、犯罪者はすべて死刑か終身刑にしなければならない。
  また、わずか1割以下の再犯を起こす「可能性がある」人のために、
  残り9割以上の「再犯を起こさない」人の命を奪っていい根拠はない。

  また「もし万が一凶悪な犯罪が1件でも起こったならば,それによって
  奪われる被害者の人命はとりかえしがつきません」という論理は、
  「凶悪な犯罪」を「冤罪被害者に対する死刑執行」に変えればそのまま
  死刑反対派の論理になる。つまりどちらの立場にも使える論理であって、
  死刑賛成派独自の根拠にはなり得ない。

  (ちなみに自分の立論に対して、賛成派から同じ反論をされたならば、
  「死刑を存続しても個人による凶悪犯罪は絶対にゼロにはならない。
  しかし死刑を廃止すれば、少なくとも国家による殺人はゼロになる」

  反論するでしょうね。)

まあ、ここに挙げたのはディベートにおける立論の一例なので
(ちなみに実際のディベートではこうした形での立論に対する反論は
しないので、今回の想定問答は、あくまで想像上のものってことで…)、
実際の死刑制度賛成派の「切り札」は、やはり「被害者感情」になるかと
思います。

一方で、それに対する死刑制度反対派の「切り札」として「冤罪の可能性」が
ある訳ですが、前者が「感情」の問題であるのに対して、後者は「論理的に
起こり得る、国家による誤殺人の可能性」の問題。いま現在生きている人の
生命が懸かっている問題なんだから、感情よりも論理の方を優先して
もらいたいと思ってしまう自分は、やっぱり少数派なんだろうか…?



実はここで言ったことは長い前フリで、本題はまた別の話なのですが
(本当は光市の母子殺害事件の弁護士をめぐる騒動について書きたかった)、
予想以上に長くなってしまったので、続きはまた次回に。


(music: 罪人 /鈴木彩子)

2007/10/09 | social | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
大好きさ、ロックとハニー。
先日、書店をブラブラしていたら、ふと目に飛び込んできた衝撃の一冊。






     『ロック統治論』

rock.jpg







言うまでもなく、黒人音楽をルーツに持つロックミュージックは、
プレスリーからビートルズ,モッズ,パンク,グランジと、
何だかんだいってやっぱり反権力・反体制のシンボルだった訳です。

そのはずなのに…ロック統治論って?
この右傾化する社会では、体制や権力がロックまでも
「統治」してしまうようになるってこと?
それとも体制がロックを使って民衆を統治するって話?



いずれにせよ、こりゃーどえらい刺激的な本が出てきたもんだ…と、
私の頭はグルグル回転したのですが…(ここまで2秒)。










はい、懸命なる皆さんは0.2秒でお分かりのことと思います(笑)。
フランス人権宣言などに大きな影響を与えた、17世紀のイギリスの哲学者、
ジョン・ロックの『統治論』のことでしたとさ。


統治論 (中公クラシックス W 49) 統治論 (中公クラシックス W 49)
ロック (2007/09)
中央公論新社

この商品の詳細を見る




…中央公論、装丁が紛らわし杉(´・ω・`)



(music: ロックとハニー /スパルタローカルズ)

2007/10/02 | diary | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。