FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-) | page top↑
消えていった、あの子の命に。
未来のある君たちへ

(…)いじめられてくるしんでいる君は、けっして一人ぼっちじゃないんだよ。
お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、きょうだい、
学校の先生、学校や近所の友達、だれにでもいいから、はずかしがらず、
一人でくるしまず、いじめられていることを話すゆうきをもとう。
話せば楽になるからね。きっとみんなが助けてくれる。

平成十八年十一月十七日
文部科学大臣 伊吹 文明



素晴らしい、見事なまでに当事者に絶望を与える正論だと思う。
このメッセージを見て自殺を思いとどまるような人間は、元々本気で
自殺を考えていないし、本気で自殺を考えている人間は、これを見たら
「やっぱり自分の状況を大人は理解していない」と、ますます孤独感を
強くするだけなんじゃないやろか。

もちろん「政治家もいじめ対策をやっている」というアリバイにはなるん
やろけど、そのアリバイ作りが誰も救わないばかりか当事者をますます
追い詰めるのであれば、こんなメッセージむしろ出さない方が百倍マシ。

本気で文部科学大臣が「未来のある君たち」に向けてメッセージを発したいので
あれば、週末深夜のJOYPACK(つくば市内のヤンキーの溜まり場)にでも行って、
夜回りしてみればいい。そして、ヤンキーたちにボコボコにされたその顔で、
「自分もこんなにがんばってます!」と訴えかけてみればいい。誰にでも言える
(が故に当事者に絶望しか与えない)メッセージを出すよりは、たぶん千倍マシ。

「いじめられている人間は、自分以外の人間が信じられなくなる」

教育行政のトップが、こんな基本的なことすら理解できてないということが
大々的に報道されてしまったことに、どれだけの子どもが絶望したことか。
人間が信じられなくなった子どもに対して「きっとみんなが助けてくれる」と
呼びかける大人を、その人間不信に陥った子どもはどんな気もちで見たことか。

(「食べてみたらきっとおいしいよ」という言葉のみでトマトが食べられる
ようになるならば、そもそもこの世にトマト嫌いなんて存在しない)

そのことに思い至る想像力がないのであれば、文部科学大臣なんて
いますぐ辞めたほうがいい。その方が一万倍子どものためだ。

(music: ひとりぼっちの意味 /鈴木彩子)

スポンサーサイト
2006/11/29 | social | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ワガママでもいい、わが道を行くよ。
「茶有のブログっておもしろいよねー」

最近、偶然にも複数の方からこんな言葉をいただきました。
ありがたいお言葉で、誠に恐悦至極に存じます(笑)。
本当にもったいないくらいにありがたいお褒めの言葉なのですが、
ここまで面と向かって褒められると、正直、少し戸惑います。

そもそも、もう丸6年もこのサイトを運営している理由といえば、なかなか
会えない地元の友達とか、そんなに頻繁お喋りする機会がある訳でもない
ちょっとした知人に対して「元気でやってますよー」的な近況報告をするため。
そしてよく会う友人たちに対して、酒の肴を提供するためです。

また「自分のため」にサイトを続けてきた、という側面もあります。
「ニッキに書こう」という意識が無ければ、考えなかったであろうこと、
見落としていたであろうことを、拾い上げたいから。
そしてそうした「考える/書くことを前提に、常に世の中を見る」ことが、
自分の研究や思考の形成にとって役に立つと思っているからです。
加島卓氏いうところの「広告制作者の<ネタ>探し」に似た感覚かもしれません。

つまり、管理人自身が認識している当ブログの存在理由を簡単にまとめると、

1.リアル友人・知人とのコミュニケーションを補完するため。
2.研究その他に直接・間接的に役立つ<ネタ>を探すため。

ぶっちゃけ、この2点に集約されてしまう訳です。
悲しいまでに「閉じた」ブログです(笑)。

もちろん、気をつけていることはあります。
自分にしか分からない心情の独白にならないように。
ただ日常の記録を書きつけるだけの「日記」にならないように。
社会的な事象に対して毒を加えつつも、不毛な論争にならないように。

(ある人には「茶有のニッキは文体が独特だ」とも言われたのですが、
それはニッキを書く際には、リアル茶有から、上記のようなことに
極めて敏感なネット人格=「茶有」へと、無意識的に思考の仕方を
転換しているからなのかもしれません。)

でも、基本的にはこのニッキは「閉じた」コミュニケーションを指向しています。
なので「一般論として」おもしろいと言われると、意外に感じてしまうのです。


ただ、そのときに話していて話題に上ったのは、これから先、どこまで
その「閉じたコミュニケーション」を維持することができるのか?という点。
確かにこれは難しい問題です。「おもしろい」と思ってくれる人が増えれば
増えるほど、閉じた環の外にいるヒトの目に止まる機会も増えていく訳で。
web2.0時代の悩ましい問題(笑)。

特にこのニッキでは政治的な話題にも触れているので、どれだけ気をつけて
いても、論争好きな人から論争のための論争をふっかけられることは、
この先避けられなくなるだろうと。そうなったとき、茶有はどう対処するの…?
と言われると、自分の中でも明確な答えが用意できている訳ではありません。

リアルに知らない他者からの問いかけに対してどこまで応答する義務があるのか、
という問題は本当に難しくて、それを考えたくないからこそ、自分は頑なに
このニッキを「閉じたコミュニケーション」の空間に留めておきたいと
思っているのかもしれません。

いまのところ来る者を拒むつもりは毛頭ないのですが、ひょっとしたら
将来的には「拒まざるを得ない」状況がきてしまうのかもしれません。
でも、そんな外部のヒトにまで、責任は持てんわー。

とりあえず空間内部の方に「おもしろい」と思っていただけているのであれば、
私としてはこれ以上嬉しいことはないし、そういった方々と自分自身に向けて、
これからも「閉じつつ開かれた(笑)」ニッキを綴っていきたいと思っとります。


ついでに最近、これも偶然複数の方から「茶有ってお洒落だよねー」という
涙が出るくらいありがたいお言葉をいただく機会がありました。

おそらく「お洒落だよねー」という台詞の前には「ちょっとオタクっぽい感じで、
お金も持ってなさそうで、どう考えても洋服なんかに気を遣ってなさそうな
地方出身の国立大学院生の割には」という言葉が省略されているであろう
ことは十分に承知しているつもりですが、それでも嬉しいですね。

確かにつくばに住んでいた学部生時代に較べると、洋服などにかけるお金は
格段に増えましたが、それでもファッション面での師匠からは、褒められる
ことよりもダメ出しされることの方が圧倒的に多い日々でございます。
今後とも精進いたします。

ちなみに、最近読んだのはこんな本。

脱オタクファッションガイド 脱オタクファッションガイド
久世、トレンド・プロ 他 (2005/10/26)
オーム社

この商品の詳細を見る

…いや、あくまで「オタク」と呼ばれる社会集団の実態を知るためにね。
現代日本文化研究の一環としてね(笑)。

(music: 眠れぬ夜のひとりごと /風味堂)

2006/11/18 | diary | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。